イタリア アマルフィの旅③-観光・食 オススメ特集-

イタリア アマルフィの旅③-観光・食 オススメ特集-



Bonjour!

日本人に大人気の旅行先、アマルフィ。
織田裕二さんの映画で知名度が一気に広まりましたね。

美しい海岸線の景色に憧れを抱く人も少なくないはず!
私たち家族もその一部だったので、今回は家族でアマルフィ・ポジターノ・ラヴェッロ・カプリ島へ行ってまいりました。

事前に用意したほうがいい事、カプリ島への行き方、バスの乗り方、オススメスポットなどなどアマルフィを中心にいくつかの記事にわけてご紹介いたします♡

第一弾:イタリア アマルフィの旅①-行き方・レンタカーについて-
第二弾:イタリア アマルフィの旅②-宿について-

今回は観光について!
おすすめスポット、オススメフード含め様々な情報をお伝えしたいと思います♡

アマルフィ オススメ観光スポット

オススメと書いていますが、アマルフィ自体が観光に特化したような街なので、町全体がオススメと言っても過言ではない気がします。笑
が、こんなのがあるよーと言う感じでご紹介させて頂きます。

アマルフィの中心 アマルフィ大聖堂(ドゥオーモ)

大聖堂前の広場から撮った1枚。

新約聖書に登場する、キリストの12使徒の一人であるアマルフィの守護聖人の「聖アンデレ」に捧げる為に、9世紀に建てられたと言われています。

街の建物に馴染むように、尚且つ存在感大の大聖堂。
広場に出て開けた景色に驚いたのを覚えています。

他のヨーロッパ各国で見る大聖堂とは違い、南国のような、アラビアのような、、なんだか不思議な印象を受けますね。

どうやら、ロマネスク建築、バロック建築、イスラーム建築、ロココ建築、ゴシック建築、ビザンチン建築など様々な建築様式が混在しているそう。
現在に至るまで7回もの回収がなされています。

天国の回廊。

中に入るとまず飛び込んでくるのは天国の回廊。
アマルフィの貴族たちの墓地だそうです。
東洋を想わせる120本もの柱、そして幻想的な地中海風庭園。
中央からは日が差し、まるで天に近づけたような、そんな不思議な感覚を覚えます。

先へ進むと司教区博物館、聖アンドレアの一部が保管されているという美しすぎる地下聖堂、多色の大理石を施された大聖堂などがあります。
正直、ここまで見どころたっぷりの大聖堂は初めてだったかもしれません。

日本語のパンフレットもありますので、ここはマストで見に行くべきです!

アマルフィ大聖堂
入場時間:※時期、礼拝のスケジュールにより異なる
3-6月 9時-18時45分・7-9月 9時-19時45分・11-2月 10時-13時、14時30分-16時30分
入場料:3€

アマルフィのメインストリート ロレンツォ・ダマルフィ通り

大聖堂広場を、海岸を背にして進んだ道が、アマルフィのショッピングストリートであるロレンツォ・ダマルフィ通りです。

有名なレモン系のお土産、おしゃれな手作りの食器類、リゾート系の洋服、イタリア産オリーブ系のお土産などなど、、ズラー――っとお店が並びます。
途中途中にジェラート屋さんや、海鮮の揚げ物詰め合わせなどが売っていたりするので、食べ歩きもできちゃいます♡

もちろんレストランやカフェ、バーもあるので休憩しつつ散策を楽しみましょう♪

時間があったら行きたい、アマルフィの小道

メインストリートから撮った1枚。人1人が通れるくらいの細い階段が奥まで続き、
なんだかワクワクしますね♡

これはスポットと言うより、散策ですが、是非、メインストリートから外れて小道を進んでいってみてください。
この先本当に道が続いてるの?と思うくらい細い道が入り組んでいますが、その雰囲気がイタリアらしくとっても素敵です!

小道にもレストランなどがたくさんあり、メイン通りの人込みから抜けて静かで落ち着いた雰囲気の中食事を楽しめるのもいいところ。

どこをとっても絵になる場所ばかりなアマルフィです。
自分だけのスポットを見つけてみましょう♡

ホテルで食べたい!イタリア名物が安く買えるスーパー

これ、今回1番テンション上がったお店です。笑
是非皆さんに行っていただきたいのが、先ほど紹介した ロレンツォ・ダマルフィ通りから小道奥に入った場所にあるスーパー The big apple Supermarketです。
写真のように、量り売りでオリーブやチーズ、サラミ、生ハムなどが売っています。
私たちはここで食材を買い込み、ホテルで自炊していましたが、もうね、ほんとうまい!!
パンにオリーブとハムとチーズ挟んだだけでなんでこんなうまいん?ってなります。
そして安いです。パックに詰めてくれるんですが、オリーブとか4人でも食べきれる?ってくらいの量がモノによりますが3~5€くらいで買えます。

サラミも400gくらいのもので5~8ユーロだったり。
モッツァレラチーズなども大きい塊のものが3€ほどだったり!

大きいスーパーではないのですが、少しの野菜、お米やパスタ系、あとはトイレットペーパーなどの日用品もある程度揃います。
値段も観光客向けと言うより現地人向けなのでお勧め。
ホテル用の夜のおつまみに、是非立ち寄ってみてください♡

The big apple Supermarket
場所:Salita dei Curiali, 6, 84011 Amalfi SA
定休日:日曜日
営業時間:7時30分-13時30分、16時30分-20時30分

アマルフィ一望!海岸の堤防

アマルフィ海岸沿い、バスターミナルの少し横に飛び出た堤防があります。
先まで歩いていき、振り返るとそこにはアマルフィ海岸を一望する景色が♡
特に日暮れごろから夜は街の光が輝き、とても幻想的♡

港側から見る景色は一度は見ておきたい絶景です。
一日の終わりに是非立ち寄ってみてください!

アマルフィに来たら食べるべきはこれ!

アマルフィと言えばレモン!爽やかなクリームレモンパスタ

なんともインスタ映えな盛り付け!笑
かわいらしくテンション上がります。
こってり濃厚でありながらも、レモンの風味でペロッといけてしまう一品。
少しチーズケーキのようなデザートのような感じもしますが、アマルフィに来たら1度は食べたいですね♡

港町で食べるべきは海鮮料理!

さすがは港町。
今回食べた海鮮系の料理はハズレなしでした!
写真は海鮮リゾット。
魚介の香りが深く濃厚でとっても美味でした。
どこのレストランでも大体、シーフードパスタやリゾット、スープや揚げ物があるので是非試してみてください♡

イタリア定番 ジェラート

イタリアと言えばですね♡
どこで食べても美味しかったです!
特にレモン味のジェラートは暑い気候にぴったりでした。
チョコレート系、フルーツ系、バニラ系、ナッツ系、、食べ歩きしてお気に入りの味を見つけましょう♡

アマルフィに行く前に

ここで、アマルフィに行く前に用意しておいた方がいいことをご紹介します。

現金を用意する

まず一つ目、声を大にして言いたい。現金用意していってください!
今時カード払いで行けるだろーと思っていましたが、意外とカード支払いできないところが多かったです。
そして、現地にATMあるんですけど手数料が異様に高いです。
現地で引き下ろすと完全に損するので、あらかじめユーロを用意していくことをお勧めします。

夏に行く場合は帽子必須!

私たちは今回9月終わりに行ったので、日差しも強すぎず、丁度良い気温で良かったのですが、7月8月のピークに行く方は要注意です。
アマルフィ辺りは日差しがとっても強いので、歩いているだけでも相当頭皮が焼けます。
この頃に行った友人も、帰国してから頭皮がひりひりすると嘆いていたので、帽子を着用するようにしましょう。

虫よけスプレー

これは夏から10月頃まで、海沿いでもあるので結構、虫が多いです。
今回9月末に行きましたが、何回蚊に刺されたことか、、
そして弱い人だと結構腫れたりするので注意です。

いかがでしたでしょうか?
見どころ満載のアマルフィ、そして美食のアマルフィ。
沢山街歩きをして忘れられない思い出を作りましょう♡