ベルギーでの家探し 賃貸物件のあれこれ

ベルギーでの家探し 賃貸物件のあれこれ

ベルギーに住む前に、一番大変だったなあというのが家探しでした。
会社のバックアップがあったりすると比較的簡単に見つかるようですが、私の場合は完全に個人でしたので現地の夫と共に新居を探すことに。

日本では有名不動産が数多くあるので、何件か不動産屋を回り探していくのが通常かと思います。

ベルギーではどのように探すのでしょうか?
今日は私の体験談も交えながら、賃貸物件探しについてお話しいたします。

基本はウェブサイトから探す

日本でもそうですが、ベルギーにも物件探しのウェブサイトがあります。
まずウェブサイトで物件を探し、個人オーナー、または不動産屋に連絡して行くという方法が一般的なよう。

ベルギーで最も利用されている物件探しのウェブサイトはIMMOWEB。

様々な不動産屋がこのIMMOWEBに物件情報を載せています。
そして日本と大きく違うのは、個人であっても物件情報を載せられること。

日本ではいろいろな補償や、オーナーとの間に入ってくれる仲介がいることを好むので不動産屋を通すのが一般的。
しかしこちらでは、不動産屋を通すと手数料を取られるので、貸す側も借りる側も、それを嫌がる人が多数いるのです。

日本でも個人売買のサイトはありますが、IMMOWEBの場合は不動産屋も個人も関係なく掲示されています。

そして、さすがベルギーという良い方は良くないですが、既に借り手が決まっている家もだらだらと掲載され続けていたりするんです。
ですのでやっと見つけた良い物件も、連絡してみたら返事が来ない、既に決まってたなんてことがしょっちゅう。

良い物件は日本と同様すぐに決まってしまうので、見つけたらとりあえず連絡してみると良いと思います。

ウェブサイトでは詐欺に注意!!

ただ気を付けていただきたいのが、詐欺の掲示も混ざりこんでいること。
実際に私一度引っ掛かりました。笑

綺麗な部屋、ブリュッセルの中心地、価格も安い!
こんな明らかにちょっと怪しい物件があったのです。笑
が、個人でのやり取りも普通にあるベルギーなら、もしかして何らかの理由で本当に安くて良い物件なのかも!と変な期待もあり、連絡してみることに。

するとどうやらイタリアの方で、
「ベルギーにアパートの一室を買って数年住んでいたが、仕事の都合でイタリアへ帰ることになった。そのままにするのももったいないので、安く誰かに貸したい」
とのことだったのです。

まだ疑いはありましたが、とりあえず「内見したいんですけど」と言ってみると、
「もうベルギーにはおらずイタリアにいるから、もし内見したい場合はカギを送るけど、保証として前金12万を振り込んでくれ」と。

ここで既に怪しいと思い、連絡をやめようとも思ったのですが、相手から更なるメールが。
「振込先はHOMEAWAYという家レンタルサイトを通して行うから安心してくれ」と。
HOMEAWAYとは最近日本でも大きくなりつつあるサイト。
有名なAirbnbのようなものです。

どうやら鍵を受け取り内見を済ませ、私たちが借りると了承するまではHOMEAWAYがその前金を管理するので相手に前金が渡ることはない。
私たちがキャンセルしたいという場合には、相手に鍵が返品されたと確認出来たらHOMEAWAYから返金されるという仕組みらしい。

果たしてそんな仕組みがあるのか?
必死でネットで情報収集しましたがそんな情報は一切なく。
HOMEAWAYに直接連絡をしてみました。
するとやはりそんなシステムはなく、これは確実に詐欺だと発覚。

発覚するまではメールのやり取りを保留していたのですが、相手は焦ったのか更にメールを送ってきました。
なんと、HOMEAWAYのロゴと共に、振込先を送り付けてきたのです。

メールは本当にHOMEAWAYから送られてきたような内容になっており、純粋な方だと信じてしまうかもというレベルでした。

私たちは、取引しませんというメールを最後に終結しましたが、こんなこともあるので皆さんも物件探しの際はお気を付けください。
良い話の裏には何かあるという事を念頭に置いておきましょう。

日本とベルギーの不動産屋の違い

日本の不動産屋は本当に親切です。
親身に相談に乗ってくれ、内見も社用車で連れて行ってくれます。
一日に何件も周り、私たちにとっていい物件がないか一生懸命探し提案してくれます。

こちらではそんなこと期待してはいけません。笑
基本的には不動産屋に行き、希望条件を伝えたら終了。
その後「良い物件があったら連絡するねー!」というスタンスです。
(もちろん相談には乗ってくれます。)

一向に連絡をよこさない不動産屋もしばしば、、

そしていざ内見となれば現地で待ち合わせをします。
また、人気物件だと他の希望者と合同で見に行くなんてこともありました。笑

日本じゃありえないなーなんて思いながら、早くも異国に住むんだという不安が目覚めた瞬間。笑

賃貸物件の相場

日本で東京の賃貸が狭くて高いように、ブリュッセル中心部の物件はほかの地域よりも狭いわりに高いことが多いです。
ブリュッセル市内でも安い地域はあるのですが、治安が悪い場合がほとんど。
しかし、日本とは違い800€も出せば1DKくらいのアパートは借りれるかと思います。

ブリュッセルから電車で20分、30分となると、800€出すと2DK、2LDKほどの良い物件を見つけることも可能です。
一人暮らし、二人暮らし、そしてブリュッセル以外の地域であれば650~800€ほどでいい物件があるかと思います。

お風呂に関してですが、シャワーのみ、またはバスタブがあっても日本のような洗い場はありません。
たまにシャワーとバスタブが別で設置されている物件は結構ありましたが、その分お値段も上がります。

結構古い建物も多いので、写真だけでなく必ず内見で隅々まで確認してくださいね。

ベルギーの敷金礼金

ベルギーでは、礼金というシステムはありません。
敷金のみです。
敷金は物件によって異なりますが、最低二か月分の家賃、最高三か月分の家賃だそう。

借りる際には仲介の方、もしくはオーナーか専門の方と部屋の傷、ダメージなどをすべてチェックし、退去の際に修復する必要がなければ全額返金されます。

この辺りは日本と一緒の仕組みですね^^
礼金がないのはありがたいです。

ウェブサイト、不動産屋以外の方法

ベルギーの街を歩いていると、「A LOUER」という張り紙が張ってある家を見かけることがあります。
直訳すると借りる、「貸し出してますよ!」という意味です。

個人の場合もありますし、不動産屋の場合もあり、電話番号などが一緒に掲示されています。

特に個人で貸し出している方は、ウェブサイトに掲載していない場合もあるので、自分の住みたい地区を歩いて探す方も結構いるようです。

ベルギーでの家探しに便利なサイト、不動産

ここではベルギーの方が実際によく使うサイト、有名不動産をご紹介します。

ウェブサイト

IMMOWEB
https://www.immoweb.be/

ZIMMO
https://www.zimmo.be/fr/

IMMOVLAN
https://immo.vlan.be/fr

上記のウェブサイトはどれも総合物件探しサイト。
不動産屋、個人どちらの掲載もあり、賃貸だけでなくバケーションレンタルや販売物件も載っています。
ZIMMO以外は英語表記の対応があります。
IMMOWEBはスマートフォン用のアプリもあるので使いやすかったです。

ベルギーの不動産

ENGEL&VÖLKERS
https://www.engelvoelkers.com/fr-be/belgique/
こちらはアンジェル&ヴォルカーという大手不動産屋のウェブサイト。
ベルギーだけではなく、ヨーロッパ、カナダ、香港、ロシアなどなど世界の物件を取り扱っているかなりの大手会社。
ベルギー内も全地域カバーしています。
英語対応ももちろんありますし、ここにしか掲載されていない物件なのでチェックしてみるとよいでしょう。

TREVI GROUP
https://www.trevi.be
こちらもベルギー全域をカバーする大手不動産会社。
私も実際に利用しましたが、スタッフの方もとても丁寧で良い対応でした。
英語表記ありです。

CAP  SUD
https://www.cap-sud.com/fr/
こちらはベルギーのワロン地域、フランス語圏のみの範囲物件検索が可能。
ですが、オランダ語、英語対応もあります。

いかがでしたでしょうか?
基本的な作業は日本とさほど変わりありませんが、日本のように細かく手厚くフォローしてくれる感じではないので、結構自力で数を見ていくようになります。
不動産屋を通せば心配はありませんが、個人とのやり取りの際は、詐欺や保障の面などもきっちり確認しましょう。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ
にほんブログ村


ベルギー(海外生活・情報)ランキング