ベルギーのお米事情 現地で買える炊飯器

ベルギーのお米事情 現地で買える炊飯器

こんにちは。
今日はベルギーのお米事情についてお話します。

ベルギーの主食

そもそもベルギーの主食って何なんでしょう?

日本ではだれに聞いても「米!」と答えるでしょう。
ベルギーでは恐らく大部分の方が「ポテト!」と答えます。

ベルギーのフライドポテト、「フリッツ」は国民食としてベルギーで愛されています。
日本でもベルギーフリッツは有名になってきていますね。

ちなみに英語では「フレンチフライ」と言ったりしますが、ベルギーでフレンチフライなんて言ったら怒られます。笑
「フリッツでしょ!そもそもフライドポテトはベルギー発祥なんだ!フレンチではなくベルギーだ!」と。笑
それくらいフリッツを誇りに思っているベルギー人。
家庭でもフリッツ専用のフライヤーが設置されていたりします。

そんなポテトはフリッツ以外でも活躍しています。
マッシュポテトにしたり、そのまま蒸かしたポテトが食卓にはよく並びますし、スーパーでもポテトはとても安く売られています。

そして実際に食べてみると、甘みも強くほくほくしていてとても美味しい。
私もベルギーに来てからよく食べるようになりました。

しかし、お米大好きな私はやっぱりお米が食べたい。
ベルギーではどんなお米料理が食べられているのでしょう?

ベルギーのお米事情

そもそもお米を食べる文化があまりないヨーロッパでは、炊飯器も日本のように進化していません。
家庭で食べることもあまりありません。

私が初めてベルギーに来た時、日本料理をふるまおうとお米を持参したのですが、
もちろん家に炊飯器はなく、鍋で炊いたのを覚えています。

お米を使うのは、パエリアやリゾットを作る時とのこと。
そもそも「白いお米をおかずと一緒に食べる」ってのはアジア特有の文化なんですね。

スーパーではタイ米がよく売られています。
炊飯器がない家庭が多いからか、こんな商品も売られていました。


一人分のお米が小分けになって袋に入っていて、袋のまま湯銭して20分で炊けるというもの。
なかなか便利ですね。笑

日本同様、電子レンジでチンするタイプもありました。

日本米も売られていたりするのですが、500㎎ほどの小さい箱に入って10€近くしたりとかなり高額。
安心してください。アジアンスーパーへ行けば安く買えます。
関連記事:ベルギーで手に入るアジア食材

ベルギーで買えるお勧めの炊飯器

炊飯器が進化してないといっても、今の時代普通に買えるだろ~なんて思った私は日本から持っていきませんでした。
出国前にもちろん夫にも聞きましたが、
「大型家電量販店に行けば売ってるさ!心配しないで!」と言われたので安心しきっていました。

実際にベルギーで炊飯器を求めいろんな量販店に行きましたが、結果から言うと、

満足いく炊飯器は、、ない。笑

なんか鍋がちょっと進化したみたいなのしかないんですよね。
時間設定なんて機能はもちろんないし、これじゃ絶対焦げ付くよね?って感じのものばかり。
夫からすれば十分でしょうが、私からすればこれは炊飯器と呼べるのだろうかというものばかり。

仕方がないのでネットで探すことに。
そして私が巡り合った商品はこちら。

ティファールの10in1ライスクッカーです。
お米に限らず、煮物やケーキまで様々なメニューをこの炊飯器で作ることができます。

残念ながらタイマー機能はないですが、保温もできるし、30分程でうまく炊きあがってくれるので重宝しています。
なによりさすがティファール。全く焦げ付きもせず後片付けも簡単です。
これ、AmazonフランスになかったのでAmazonUKで買いました。
AmazonUKの商品ページはこちら

送料も10€以内、3日程度で届けてくれます。

ちなみにティファール、日本で買うより全然安いです!
上記の商品に限らずベルギーでもティファールの炊飯器結構売っています。

友人宅で使っていたこの炊飯器も、お米を炊くだけなら十分でした。
保温もできるようです。

ティファール炊飯器で共通して言えるのが、炊きあがりまでの時間が早いこと。
4人前で炊いた時も30分程、2人前だと20分くらいで炊きあがってしまいます。
そのかわりちょっとべたつくので、水はいつも少なめで炊いてます。

日系食材店などでは日本の炊飯器も置いていますが、古い機種なのに少々高いお値段でした。

私は荷物になるので日本で買ってきませんでしたが、
タイマー機能や早炊機能を求めるのであれば、日本で買うのが一番いいかもしれません。

こだわりがなければこちらで買える炊飯器で十分と思います。

色々不都合の多い海外生活ですが、探せば色々あるものですね。
お気に入りの炊飯器を見つけてストレスない食生活を送りましょう♡